事故車買取相場

車の下取りと買取の違いについて|事故車の買取相場

下取りと買取の違いについて

新しい車を購入する。
または乗っている車が事故にあった。
こういった場合は今乗っている車を処分しなければなりません。
事故の場合で車が大破しているのなら廃車となりますが、まだまだ使えるのであれば廃車の必要はありません。
その際は下取り、または買取をしましょう。

 

この二つの方法ですが、どちらにするかわかりませんよね。
どちらも車を引き取ってお金に変えることには変わりありませんが、やはりこの二つには違いがあります。
ではその違いについて紹介しましょう。

 

まず下取りとは、新しい車を購入する会社に、今乗っている車を引き取ってもらうことです。
これで発生した売却金は新しい車の購入代金に充てられます。
次に買取とは、買取を行っているお店に持って行って車を売却することです。
こちらは新しい車を購入するわけではないので、売却したお金はそのまま手元に来ます。

 

まだまだ車がつかえそうであれば、どちらかの方法で車を処分しましょう。
廃車にするよりもお得ですよ。